AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験に合格する話

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験に合格する話

監視

インスタンスのステータスチェック

投稿日:

「StatusCheckFailed_Instance」と「StatusCheckFailed_System」

ステータスチェックの種類

CloudWatchの標準メトリクスには「StatusCheckFailed_Instance」と「StatusCheckFailed_System」というものが用意されています。

  • StatusCheckFailed_Instance : 個々のインスタンスのソフトウェアとネットワークの設定を監視。
  • StatusCheckFailed_System : インスタンスを使用するために必要な AWS システムを監視して、AWS システムが正常に実行されていることを確認。

とあります。CloudWatchの見方としては、

  • 「EC2インスタンス内部に問題がある」ときは、「StatusCheckFailed_Instance」の値が1となっている。
  • 「AWS側のEC2ホスティングのシステム的な問題がある」ときは、「StatusCheckFailed_System」の値が1となっている。

となります。

インスタンスステータスのチェック

個々のインスタンスのソフトウェアとネットワークの設定を監視します。これらのチェックでは、ユーザーが関与して修復する必要のある問題が検出されます。インスタンスステータスチェックが失敗した場合、通常は自分自身で (たとえば、インスタンスを再起動する、インスタンス設定を変更するなどによって) 問題に対処する必要があります。

インスタンスステータスチェックの失敗の原因となる問題の例を次に示します。

  • 失敗したシステムステータスチェック
  • 正しくないネットワークまたは起動設定
  • メモリの枯渇
  • 破損したファイルシステム
  • 互換性のないカーネル

システムステータスのチェック

インスタンスが実行されているAWSシステムを監視します。これらのチェックでは、AWS の関係を修復する必要があるインスタンスの根本的な問題が検出されます。システムステータスチェックが失敗した場合、AWS が問題を解決するのを待つか、自分で解決できるかを選択できます。Amazon EBS にバックアップされているインスタンスの場合は、インスタンスを自分で停止および起動して、ほとんどの場合は新しいホストコンピュータに移行することもできます。インスタンスストアによってサポートされているインスタンスの場合、インスタンスを終了して置き換えることができます。

システムステータスチェックの失敗の原因となる問題の例を次に示します。

  • ネットワーク接続の喪失
  • システム電源の喪失
  • 物理ホストのソフトウェアの問題
  • ネットワーク到達可能性に影響する、物理ホスト上のハードウェアの問題

-監視

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

アーカイブ

2019年10月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー